薬剤師が教える、タバコをやめる方法。私はこれで、簡単にタバコをやめました。




危険!
あなたが吸っているそのタバコに
ロケットの燃料が含まれているって
しってましたか?


禁煙をすると

・人間関係・会社内の立場などが楽になる
・快適に暮らす事ができる
・より健康でいられる
・その他

が得られる可能があります。


■人間関係・会社内の立場などが楽になる

イライラすることが少なくなり仕事がはかどる
肩身の狭い思いをしなくてよくなる
禁煙の場所でソワソワ、イライラしなくてよくなる
小遣いが増えて、友達と食事に行ける回数が増える
飲み会に行くときにタバコの本数を確認しなくてよくなる
飲み会でタバコがきれて猛ダッシュで買いに行かなくてよくなる
物凄い勢いでコンビニや自動販売機にタバコを買いにいかなくてよくなる
周りの人に副流煙を撒き散らして迷惑をかけることがなくなる
全面禁煙のお店に堂々と入ることができる
口からタバコのにおいがしなくなって、他人に不愉快な思いをさせなくてよくなる

 

■快適に暮らす事ができる

朝の目覚めがよくなる
食事がおいしくなる
ニコチンによる不安感、憂鬱感から解放される
空気が新鮮に感じられる
頻繁に手を洗わなくてよくなる
タバコに伴う出費(コーヒー等)が少なくなってより小遣いが増える
時間に余裕ができる
タバコをやめられたことで自信がでてくる
何よりもタバコから解放されたことで気分が楽になる
小遣いが増えて、念願の液晶テレビを買うことができる
せっかく整えた髪がヤニで臭くなることがなくなる
しみやくすみがなくなる可能性がある
水々しい肌が戻ってくる
服にタバコのにおいがしみつかない
タバコ顔の恐怖から解放される
歯が白くなる
化粧ののりがよくなる
肌荒れ(ニキビ、吹き出物)が少なくなる

 

■より健康でいられる

免疫力が戻って風邪の治りが良くなる
口内炎になるリスクが少なくなる
血行がよくなり冷え症が改善される可能性がある
血行がよくなり肩こりや腰痛が改善される可能性がある
血圧が下がる
花粉症の症状が軽減される
喉の通りがよくなる
COPD(慢性閉塞性肺疾患)になるリスクが少なくなる
流産や早産の危険性が少なくなる
舌がんになるリスクが少なくなる
咽頭がんになるリスクが少なくなる
肝臓がんになるリスクが少なくなる
肺がんになるリスクが少なくなる
胃がんになるリスクが少なくなる
食道がんになるリスクが少なくなる
脳血管疾患になるリスクが少なくなる
心筋梗塞になるリスクが少なくなる
精力が増加して生き生きと生活ができる

 

■その他にもこんなことが良くなる

飛行機に乗るときタバコを吸えないということを考えなくてよい
すごい形相で喫煙所を探さなくてよくなる
新幹線に乗るとき喫煙スペースまで移動しなくてよくなる
扇風機を使うときに灰を気にしなくてよくなる
灰皿をひっくり返して大変なことになる心配がなくなる
ペットがヤニくさくなくなる
家に帰ってタバコのにおいにうんざりすることがなくなる
車の中がヤニで汚れたり、においがしみつく心配がなくなる
部屋がヤニで汚れる心配がなくなる
家を出るときタバコの火の始末の心配をしなくてよくなる
コンポのスピーカにヤニがついて変色する心配がなくなる
パソコンのキーボードの隙間に灰が入って故障する心配がなくなる
ジッポのオイルを補充しなくてよくなる



★ドイツでは禁煙に成功すると1万ユーロ(約140万円)もらえるそうですよ!!

■今まで何回も失敗してきたから自分にもできるか不安
たしかに何回も試みて、
何回も失敗したらまた駄目かもと思って不安になりますね。
私も禁煙は何回も試みました。

灰皿もライターも捨てたのに次の日にゴミ箱から
取り出して吸っている時もありました。

特に禁煙となると初めて禁煙をして
成功している人のほうが稀なのではないでしょうか。
成功するまで挑戦しましょう。
そしてその成功の手助けできれば私は幸いです。


■はじめて禁煙しようと思っているのだけど不安だ
はじめて禁煙するにも、周りの言葉を聞いて、
「禁断症状はものすごくつらい」とか
「禁煙は意志が強くないと難しい」とか
不安要素をたくさん聞いて不安だと思います。

本当に禁煙するには考えているだけではどうにもなりません。
実際に行動しなければはじまりません。

しかも禁煙は難しいとかいうのは嘘です。
本を読んでもらえばわかると思いますが、
禁煙すること自体はそう難しいことではないです。

禁煙する前から必要以上に怖がっているから一歩踏み出せないのです。
禁煙は簡単です。勇気をもって一歩踏み出すことが重要です。


■今、世の中禁煙ブームというか、
町に出ても禁煙の流れが急速に広まっています。
駅も全面禁煙になったりしています。
たくさんの禁煙本やマニュアルもでていますが
どの本を選んだらいいか、
誰に相談していいかもわからず悩んでいると思います。

私は薬剤師として経験してきたことや、勉強してきたこと、
そして自分もタバコを吸ってきた経験を生かして、
本気で禁煙したいと思っている人に、全力で
みんなに幸せになってもらおうと思っております。
誰に相談していいかわからないとか悩んでいる人は、
まず私に相談してみてください。絶対に損はさせないです。

そして禁煙成功の道を歩みましょう。


■禁煙はしたいけど何からはじめていいかわからない。
禁煙するためには明確な目的と正しい知識を持って
実際に禁煙をすることが重要です。

私が書いた本で、正しい知識を身につけて、
禁煙する気持ちを高めて、行動に移しましょう。

何から初めていいかわからなけど、
とにかく禁煙したいと思っている人は
一度相談してください!


★タバコを吸わないといけない理由なんて1つもないです。

■居酒屋で1本
友達とお酒を飲みにいったときに出てくる「1本」私は何度もあります。
しばらくやめていたのに、それがきっかけでまたタバコを自ら買って
吸い出してしまう。友達はもちろん悪気はないのだけれど、お酒を飲んだときは
タバコを吸いたくなるのをみんな知っているからすすめてきます。
私はこれでかなり禁煙に挫折しました・・・

■ストレス溜まると吸いたくなる
私は薬学部の出身です。薬学部の定期試験は物凄い量で、しかも1学年で
3単位以上落とすとすぐに留年という過酷なものでした。
特に前期試験は夏休みが終わった次の日から始まるので、夏休みの後半は
相当ブルーでした。そしてそんな過酷なストレスから逃げる為に1本、
勉強の途中で1本、しかも勉強は孤独なのでそれから逃げるのに1本
みんながストレスが増えると本数が増えるとか、タバコが吸いたくなるのは
当然だ。

■人間関係がうまくいかなくなると吸ってしまう
働いている中で、人間関係の悩みはつきないと思います。私は1年目なんか
お店を5店舗も変わらされてその度に新しい人間関係を作っていかなければ
ならなくて、うまくいかないと家に帰って「ぷか〜」と吸うとまあすっきりします。
今日は嫌なことがあったから特別だと思いながら、仕事でストレスが減ることなんか ほぼ皆無なので、いつまでたってもたばこはやめられることはない・・・
わかります。

■本数が少ないからいつでもやめられる
自分がたばこを吸ってきて、大きな間違いはこれでした。
私は1日に吸う本数は10本以下だったので、
いつでもやめようと思えばやめられると思っていました。

これってよく考えると何の根拠もないです。
いつでもやめられると思いながら7年という結構な年数吸っていました。
たぶん多くの人も自分はいつでもやめられると思って
吸い続けているんではないでしょうか?
タバコの本数が少ないと1本1本が貴重でおいしく感じるので
実際はなかなか厳しいものです。


■周りが吸ってるから一緒になって吸ってしまう。
私の周りというか友達は大学の時からタバコを吸っている仲間が多いです。
仕事を始めてからも職場の先輩はかなり喫煙者が多いです。
先輩上司なんかみているとストレスたまるんだろな〜とか思います。

私の場合、コミュニケーションの一環くらいに思って吸っていました。
ふらふら〜と喫煙所に行けば、だれかしらタバコふかしているので。
それで吸っていた部分もあります。
タバコをやめるとそんなコミュニケーションも
なくなってしまうのではないかと考えていました。


■禁煙しようと思ってタバコを捨ててもすぐに吸ってしまう。
タバコをやめようと思って、
勢いよくタバコをゴミ箱に捨ててもまた何日もしないうちに
買って吸いはじめる。

私なんか灰皿まで捨てているのに次の日に
ゴミ箱から拾い出してすっていることもありました。

たぶんタバコ吸っていない人からすれば「馬鹿じゃないの」って感じです。
あとはライターがないからと、台所のガスコンロで火をつけたり。
タバコ吸うのにどれだけ必死なんだよって感じです。
タバコを捨てても明確な目標も特にないので
またすぐに買ってしまう気持ちはよくわかります。


■自分のにおいを嗅いでがっかり
お酒を飲みに行って家に帰った後に着替える時、
自分の服のにおいをかいでがっかりしたことはないですか?

私はたばこを吸う人がたくさんいる(自分も含めて)
お酒の席なんかに行って、
家に帰った時に自分のにおいを嗅いでものすごいがっかりすることが
何回もありました。

吐き気がするくらいのときも・・・こんな臭い中にいたんだとびっくしします。
でもそんなことも次の日から忘れて喫煙生活がまた・・・


■やにだらけになっていることはみんな気づいているのか
私は大学で借りてたアパートを出るときに始めて
家の中がヤニだらけになっていることを実感しました。

住んでいるときはあんまり気にしていないというか
気づいていなかったのですが、引越しで家を出るとき、
よくこんな中に平気で住んでいたなとおもいました。
後悔しても遅かったですが・・・


■きっけかけがつかめない
きっかけがつかめない・・たしかにそうです。
私もタバコをやめる目的もはっきりせず
タバコがどれほど依存性があるかなどとかもしらず、
何回もゴミ箱にタバコを投げ捨てていました。
そんなのでは長続きするわけもなく、
また吸い始めるのは、目に見えています。

仕事や学校、家事に追われ毎日忙しい1日をすごしながら、
その忙しさからくるストレスを紛らわせるためにタバコをなんとなく吸っている。
そんなあわただしい中では禁煙のきっかけなんか
つかめるわけないですよね。

勢いで禁煙しても長続きはしない・・・どうすればって感じですよね。


■いつの間にか体が衰えているような
私は今28歳です。まだ若いじゃんって思う人もいるかもしれませんが。
気持ちはいつでも20歳くらいです。
大学生の頃は、オールでカラオケして
そのまままた遊びに行ったりしていたものです。
元気いっぱいです。

でも、いつの間にか体が衰えていませんか。
もちろん年とともに衰えてくるのはしかたないですが、
働きだして感じるのが25才くらいから、年々体力の減り方が著しいような・・・

健康をおろそかにしているつもりはないですが、
コンビニの弁当ばっかり食べたり、松屋、吉野家にいって肉を食べたり、
こんな生活いつか改善しなければと思いながら、
仕事していると自炊なんかする余裕もなく
結局、いつまでも改善されないで
その積み重ねが顕著に出てきているのかなと感じてきます。

いつか、どこかで改善しないとと思いながら、はっきり言って、そんな余裕ないです。
毎日をしのいでいくのに必死で・・・でもどこかで変えたい
みんな同じですよね。


■寒い中、原付を走らせて
私はかなりの寒がりです(やせているからか・・・)。
大学の時は、物凄い山奥にすんでいました。

普通に雪が積もるような場所です。
なんでこんなところに大学を建てようと思ったのか理解しがたいです。

冬は絶対に外に出たくないのですが、
ことタバコに関しては、寒かろうが、暑かろうが、お構いなしです。
ちょっと遠くても必死で原付を走らせて
一目散にコンビニや自販機に買いにいきます。
あなたもそうでしょう。

わかります。
なによりもたばこがなくなることが嫌で嫌で仕方ないです。
たばこがなくなるのが怖いです。


■俺、タバコやめれるのかな・・
禁煙しようと思い、タバコを捨ててはまた買いに行き、
捨ててはまた買いに行く。
たまに「俺、タバコやめれるのかな」と不安になったり、
でも「ま、やめられるだろう」と思いながらまた吸ってしまう。
いつになったらやめられるんだろう・・・

■咳がとまらなくても吸ってしまうその気持ち
ドラッグストアの薬で一番売れるのはなんといっても風邪薬です。
1年中売れます。

自分が販売していて、多いのは咳がなかなか止まらない。
自分も咳がいつも最後まで残ります。
何か悪い病気かとまで心配するくらいです。

でも、風邪がなかなか治らないという人で、
タバコを吸っている人にはタバコをまずやめましょうと言いますが。

喉が痛くてもメンソールだとすっていて気持ちいいときすらあります。
風邪ひいていてもやめられないのも頷けます。
実際、自分も吸っていたこともあります・・・
チーン

前の職場でも同期でセブンスター(かなり重いやつ)を
咳こみながら吸っている友達がいました。

「こんだけ咳がとまんなくても、たばこをやめない俺って・・・」と
自分で突っ込んでいました。


■タバコを吸っていて
たまにタバコの不始末で火事が起こったことがニュースに出たりしますね。
人事ではないとびくっとしたりしませんか。

前に自分の父親が一人でうちに泊まりに来たことがあります。
まあその日は臭くて仕方なかったのですが、
時間の無駄だと思ったことがありました。

父親が帰る日に、駅に見送りに行くために二人で家に出たのですが、
タバコの火が心配になったらしく、
自分ではなく私に見てきてくれと言いだしました。

父親の性格は知っているので、本当時間の無駄と思いながら見にいきました。
まあ帰ったあとはにおい消すのにファブリーズ使いまくりました。

あなたもタバコの火が心配で家を見に帰ったことありますよね。
わかるわかる。

出かけていても心配になることがありますよね。
わかるわかる。


■禁煙ってどんな方法がいいかわからない
たしかに禁煙てどんな方法がいいかもわからないですよね。
ニコチンガムやニコチンパッチ等が最近は売っていますが、
売っている側からすればニコチンを体内に入れていることには
変わりはないのにどうなんだと思いますが。

自分が吸っているときはタバコなんて
気合でやめる以外に方法はないじゃんと思っていたので
すぱっと捨てていました。
そんなのでは長続きすることもなくまた吸ってしまう。

よく考えると、なんで自分がタバコを吸っているのか、
なんでやめられないのかもわからなくなってくる。

結局、やめたくてもどんな方法が自分にあってるか
どんな方法がいいのかわからいですよね。

当たり前です。どんな方法がいいのかなんてわかるはずもないです。
誰も知らないし、誰も教えてくれませんよね。

誰もタバコの正体を知らないのです。


■タバコの灰皿をひっくり返して面倒なことに
灰皿をひっくり返して凹んだことありますよね。
何回かありますがかなり凹みますね。

掃除をしている自分が情けないというか・・・
吸殻はでかいのでまだいいかもしれないですが
灰があちこちについてしまって、チーン

本にコーヒーをこぼすのと同じくらい凹みますよね。

うちのじいちゃんはかなりヒステリーで怒って灰皿投げてたけど、
そのあとの掃除はだれがしていたのだろうか・・・あまり記憶にない。
灰皿を投げるのが衝撃的で・・・


ちなみに金田一少年で灰皿を凶器に使った為に、
犯行が見破られてしまったケースがあります。

その犯人は非喫煙者で、こぼれた灰を掃除機で吸ってしまって、
元に戻したところ金田一少年が
灰がなく、吸殻だけの灰皿を見てぴんときた話です。


■タバコがないと口が寂しい
これはよくわかります。
周りがタバコを吸っている中で自分が禁煙中のときです。
いつの間にか手が口元にいっていて、
しかもその手はタバコを持った形をしていました。
友達に突っ込まれるまでは気づかなかったですが、
一言「口が寂しいか?」
そのとおり!1本くれ〜!とこうなります。

■リラックスしますよね
タバコを吸うとリラックスするというのは幻想だとはいうものの、
その一瞬では落ち着きますよね。
私も大学の試験や、国家試験、仕事から帰った時、なによりも
先に窓を開けて、ぷか〜と1本、これがまたうまいですよね。

私の場合特に一日に10本も吸わないので、
1本1本がめちゃうまいと感じていました。
会社でのストレス、人間関係、一瞬は
タバコで解決できてしまうのではないでしょうか。


■これは叔父さんの話ですが、私のおじさんはお酒とタバコが大好きでした。
月に一回とかは実家に帰ってきました。
私はおばあちゃんと住んでいたので、よく会っていました。
帰ってきて、隠れてお酒を飲んでいました。
なんで隠れてかっていうと
奥さんに見つかったらこっぴどく怒られるからです。

まあその光景を見ているのは楽しかったのですが。
私も実家を出て、大学行って、就職してとしばらく会ってなかったのですが、
たまたま、夏に帰った時に叔父さんも帰ってきていました。

でもお酒も飲まない、タバコも吸わなくなっていたのです。
ようやく奥さんの教えが浸透してきたのかと考えていたのですが、
後で親に聞いたら、胃がんになって、胃を切ることになっていたそうです。

やっぱり人間って、いつもは当たり前だけど、
失って初めてその価値(健康等)に気づくんだよなって思いました。

その前から気づいて努力できていれば問題ないですが
なかなかそうするのは難しいのが人間ですね。


■みんなはどうやってしにたいですか?私は痛みもなくぽっくりと死にたいです。
まあ生きているうちからそんなことを考えるのは
あんまり考えたくないですが、
苦痛なくぽっくりと死ぬのが理想なんじゃないでしょうか。

タバコをすっているとそうはいきません。
肺がん、喉頭がん、舌がん、相当痛いらしいです。
内臓ががんになるのはなんとなくわかりますが、
舌とか喉ががんになるのって
なんか聞いただけで痛そうじゃないですか?俺は絶対に嫌です。
舌が痛いとか考えられない。


■これはある本で読んだのですが、
夫と子供一人の奥さんが肺がんになって死んでいく前に
残した遺言にこうあったそうです。
「たばこやめてね」
これを聞いて夫と子供さんはどう思ったでしょうか・・・
あなたならどう思いますか・・・

■運動したあとの1本
私、大学時代フットサルをしていました。
もともとはサッカーをしていました。

フットサルってかなり過酷なスポーツでサッカーより疲れます。
ほとんど走りっぱなしです。
いや〜昔はこんなはずじゃなかったのにと
大学生の時点でもう思っていました。

体力の衰えもあると思いますが、
タバコを吸っていたからというのも大きいです。
もしスポーツされているのでしたら、
タバコやめたらきっと少しは楽になります。
でも走った後の1本も爽快ですよね。


■タバコを一瞬でもやめてみれば臭さがわかる
タバコを吸っている人ってコーヒーが好きな人が多いような気がします。
あの独特の組み合わせ。
中学の担任はさらにわきがときたもんで臭くてたまらんです。
でも、タバコを吸っているとき、
なぜか他の人のタバコのにおいとか自分のタバコのにおいって
あんまり気にしていなかったな。麻痺していたのかも・・・

でもタバコを少しでも中断するとあの臭さがわかります。
タバコを吸ってない人はたぶん気づいていますが、物凄いにおいます。
俺もそうやって思われていたのかと思うと凹みますね。


■タバコを吸う姿はかっこいい
結構な人はタバコを吸いはじめるのに「かっこいい」とか、
「ワイルド」とか「大人っぽい」とかそんな理由じゃないですか?

私もそんな理由でなんとなく吸い出したら
いつの間にか抜け出せない状況になっていました。
そこのあなたもそうですよね。
今でも「かっこいい」とか思っているのかな〜?



はじめまして。
「らくらくと禁煙を成功させようじゃないか!の会」
健康倶楽部 代表
薬剤師 吉田幸生です。



「らくらくと禁煙を
成功させようじゃないか!の会」
 健康倶楽部 代表
 薬剤師 吉田 幸生
 東京にて


■この道4年の生きのいい薬剤師だけが知っている、「幸せと健康をゲッツする方法」をひっそりと教えます


中学校3年の終わりに急に視力が落ちてきました。
丁度、受験シーズンに入った頃でした。
高校はもうだいたい決まっていたのでよかったのですが、
家で漫画を読んでいてなんとなく見えにくいなっと感じたのです。
元々近視が強いのですが、それとは違った見えにくい感じでした。

病院にいってもしばらくの間はどこも悪くないと言われていました。
お医者さんも困っているようでした。
でもこちらとしては明らかに見え方がおかしいので必死です。

そこで病院を変えて、大学病院に行きましたがここでも同じような結果でした。
でも薬がだされて、これを飲んだときには一時的によくなりました。

「なんだ、これでよくなったから安心だ」と思いましたが、
それも長くは続かず元に戻ってしまいました。

そうこうしているうちに、大好きだったおばあちゃんが心筋梗塞で入院してしまいました。
私はまたすぐ復活するだろうと思っていましたが、入院して2週間くらいで亡くなってしまいました。

この頃は今考えると親も大変だっただろうな〜。
自分を病院に連れて行ったり、おばあちゃんの世話をして、葬式をだしたり。

悲しむ間もなく、高校の入学が近づいてきましたが、もう私の目はかなり視力が落ちていて新聞の字とかもほとんど読めない状態でした。
メガネをかけても矯正ができないくらいです。

なので、学校に行っても勉強できないし、なんとか治療を優先にしないといけないので
学校は入学式にいかないまま休むことになりました。

4月になって違う大学病院にいって初めて自分がどういう状態なのかわかりました。

「今までの医者は何をやっていたんだ、大馬鹿者!」
と思いました。
と同時にやっとわかって治療もできるという安心感もありました。


というわけでそのまま入院です。
車で2時間近くもかかる病院で親も大変だったろうに。
いろんな検査をしたり、点滴をしたりしました。
骨髄液を取る為に背中に注射をしたりしました。

白血病になった人がやるやつですね。
普通は麻酔をすることもあるのですが、これを麻酔なしで何回もやりました。

これは最高に痛いです。
今やれと言われたら絶対に拒否しますね(笑)

視力が悪いのでテレビをみることもなく、字を拡大する器具を使って、本を読んだりしていました。当時、同じ広島出身の猿岩石が流行っていたので、それを読んでいた記憶があります。

最初のほうはこれでよくなるからと安心していたのですが、1ヶ月、2ヶ月してもよくなるどころかますます見えにくくなってきて、俺ってこれからどうなるんだろうって考えてかなり
不安でたまらなくなりました。このまま、何も見えなくなってしまうのかと考えるとさすがに怖くなりました。

今の医療ではどうにもならない病気で、よくなる可能性もあるがそれでも半年とか1年はかかるとのことで、確実に治るならそれくらいの期間はがまんできるのですが。
確実と言えないのが怖かったです。

なんで俺がこんな目にあわないとあかんね〜ん。
つい1年前までは、
元気にサッカーをしたり、読書をして勉強したり、
とても楽しかったのに!

親を恨んだこともありました。

まだガキだったので、医者に「目をぽこっととって取り替えられるような技術はないのか」
半分冗談で聞いたこともありました。冗談ではありましたが、不安で不安でしょうがないのでなんとかよくならないかなっといつも怖かったです。

入院していた病棟は形成外科と一緒で、隣には火傷で手が自由に使えない若いおにいちゃんがいたり、トラックで事故して車椅子になっている人がいたり。自分も大変だがもっと大変な人もたくさんいるんだと感じました。仲良くしてくれて夜中に談話室でラーメン食べたり話したり、気がまぎれました。隣の人はテレビを置いてない自分を気遣ってか、「テレビ見る」っと言ってくれましたが。「見えないっす」と笑って話してました。

人の痛みがわかる人は人に優しくできるんだとここで感じました。

そんなこんなで、いつまでも入院していても仕方ないので、夏には退院して家に帰りました。でも週に何回かは通院する感じでした。悪くならないだけまだいいかと思ったり、早くよくなれやと思ったり。

正直、人に会うのも嫌になったこともありました。でもこのままではさすがにまずいと思って学校にも行かないといけないと思い、字を拡大できる器具で勉強もやりはじめました。

こんなんで学校にいってちゃんと勉強できるのかなとも思いましたが、自分で道を開かないと誰も開いてはくれないわけで、しんどいなと思いながらもがんばりました。体は元気なのにとはがゆい気持ちもありました。そんな気持ちもあってか、不思議と視力も回復してきて、教科書の字とかも普通に読める程になりました。奇跡って起こるものです。

結局、学校は1年遅れることになりましたが、復活できました。中学のときのサッカー部の先輩が同じ学校だったので不安も少しは和らぎました。社会にでれば年下が先輩だったり、年上が後輩になったりは当たり前ですが、高校生でナイーブな自分としては1年遅れていることはかなり負い目でした。

見え方も完全によくなったわけでもなく、1日1日をなんとかクリアしていくのに必死でした。体育で球技やるときなんか特に不自由で、まあ、なんとかごまかしながらやっていましたが、体育は好きだった自分ですが、高校のときの体育は嫌いになりました。
そんな自分もはがゆくて仕方なかったです。

時間がすぎるのは早いもので、3年になってしまいました、勉強もほとんとまじめにやらずにもう受験で将来どうするかってことも考えないといけなくて、親が医者で自分は歯学部に行って歯医者になるっていう友達がいて、話をしていて医療系がいいんじゃないと薦められていました。

たしかに自分も医療系には興味があったので、んじゃあ自分に何ができるかって考えて、人の役にたつし友達の助言もあり「薬剤師」になることに決めました。このころもまだ病院には何ヶ月かに1回は通っていて、病院の先生にそれも相談して、これだけ視力が出てれば大丈夫と言われて安心もしました。

ですが、勉強してなかったのに薬学部受かるのかなっと思っていましたが、運よく合格しました。あんまりレベルが高い学校じゃないですが、資格とれればどこでも同じだと思って受かればどこでもいいと思っていたのでよかったです。

大学に入ってからは、友達に誘ってもらったフットサル部に入ってから自信ももてるようになり、誘ってくれた友達には感謝しています。中学卒業以来、何をするのにも不安要素ばっかり考えて、面倒くさ〜と思ったり挑戦することもなくなっていました。自分の可能性を自分で小さくしていました。

「できない、できない、できな〜い」って感じでしたが、フットサルに誘われて自分を成長させたかったのもあるし、中学までサッカーしていて、サッカーが大好きだったのではじめて、「よし、やってみよう」と思いました。これは自分の中で大きな転機でもあります。

声を出しては言えませんが、そんな声をかけてくれた友達には非常に感謝しています。
チャンスをくれたんだと思います。

これで本当に自分も少し変われたと思いました。やってみなければわからないものです。迷ったときは挑戦したほうが絶対にいいんだなと思いました。それでだめだったら、また次を考えればいいし。
とにかくやってみなければ成長することはないんだと思います。

こんな経験もしているので、人の苦しみ悲しみがわかちあえると思っています。
もちろん人間なので全部はわかりませんが、わかろうとする気持ちも人一倍強いと思います。

今までは全部一人で決めて、苦しみを切り抜けてきたんだと勘違いをしてきました。
しかしその時その時で、絶対に誰かに手助けしてもらってきたんだとわかります。
人はやっぱり一人ではいけないのだ。

体が健康であることは当たり前であるようで当たり前ではないです。自分もあんなに大きなことになるまでは健康であることは当たり前だと思っていました。当たり前だと思っていたというよりそんなこと意識をすることもありませんでした。

毎日、平凡で退屈な毎日を過ごしていましたが平凡で退屈なことはとてもは幸せなことです、健康は失ったときに初めてそのありがたさがわかります。日頃意識していないだけに・・・健康を害したときに自分が自分でなくなります。

とても不愉快です。
苦しいです。
悲しいです。

誰にもわかってもらえません。

唯一わかってもらえるのは、家族と自分が信頼している人だけです。
自分がそんな経験をしてきているので、人の苦しみ、悲しみをわかって少しでもその人の役に立てる人間なりたいと思います。

誰かと関わっているのだから、人に優しくありたい。

困った時はその人の苦しみを感じて、少しでも役に立つような何かをしたいし、
嬉しいことがあったら一緒に喜びたい。


■禁煙を決断したあなたへ。

私は入院していた当時、自分よりも大変な人と接してきました。普通に生活していては到底出会うことのないであろう人ばかりです。

私は思い通りにならない自分に腹が立ってしょうがなかったですが、そんな時にでも、
みんな優しく接してくれました。そんな人たちに共通することはみんな「強い」ってこと
でした。絶対大変なはずなのに、みんな強く生きていることでした。
あとは優しいってことでした。人の痛みがわかるだけ人に優しくできることです。

私も今は運よく良くなりましたが、当時の気持ちは今でも覚えています。
自分のなかでは大きな出来事だったので。

そんなことがあったので、街中とかで大変そうな人などを見ても、かわいそうとか全然思いません。人はよくかわいそうとか同情することがあるかもしれませんが、この時点で自分より下に見ています。

私は人に同情する気持ちは絶対に持たないようにしています。そんな偉そうな人間ではないですし、そんな偉い人間なんてこの世にいないと思っています。
みんなたいして変わらないし。

人よりは、少しだけ他人の苦しみがわかるし、人の苦しみをわかろうと努力することだけは負けないです。これだけが自分唯一のとりえかな。

苦しんだり、悩んでいる人がいれば対等な関係でなにか自分にできることをしたいと思っています。

おかれた立場でそれぞれがよりよくなるように生きていくしかないんだと思います。
せっかく生まれてきたのだから楽しいほうがいいし。


このサイトは私が薬剤師としての経験を元に
タバコを吸っていることがどんなに危険なのか?
そして、禁煙したくても禁煙できない人がたくさんいることを知って、
そのような、人の役に立ちたいという思いから書き上げた
「禁煙を成功させるための本」を販売しているサイトです。

■禁煙本は、本当にいいの?あなたの悩みを解決します。


■この本を読んだら必ずタバコをやめられるのか?
正直なところ、本を読んだだけでタバコをやめられるとは思っておりません。
(それが一番理想だとは思いますが)まずは本を読んでもらって、
なんでタバコがやめられないか等、必要な知識を頭に入れてもらって、
禁煙する気持ちを高めてもらうことがこの本の役目です。

その後は、個人に合わせてメールや電話等を使って完全禁煙のために
フォローしていこうと考えています。


■他の商材や本に比べてべらぼうに高いけどそれほど効果があるのか?
確かに他の商材や本に比べると高いと思います。
お金を払うことで覚悟を決めようというものです。

本屋に行けば2000円も出せば良い本が手に入ります。
例えば2000円出して禁煙できたとして、
その覚悟は2000円でしかないので
また吸い始めてしまうことが多いです。

みなさんは一日に何本タバコを吸いますか?
1日1箱吸う人の場合、3万円出すということは
約3ヶ月禁煙することと同じ価値になります。
ほとんどの場合その後もずっと禁煙できる可能性が高いと思います。
本当に禁煙するにはそのくらいの覚悟が必要です。
軽い気持ちで禁煙初めてもその後の結果は見えてみます。

又、本の内容だけでも10冊分くらいに相当すると思います。
その後のフォローと覚悟を含めると
ちょうど良いくらいの値段なのではないのでしょうか?


■売りっぱなしではないのか?
上でも書いているように、本だけで禁煙できるとは考えておりません。
むしろその後どうやって、禁煙のフォローをしていくかのほうが
みんなに禁煙してもらうには重要なことだと考えています。
みんなにタバコをやめて自由で幸せな生活を取り戻してもらうために
使命感と責任感をもって仕事をします。

■只のマニュアル本とは違うのか?
何回も出てきちゃいますが、
本だけで禁煙できると思っておりません。
それだったら本屋で本を買ってもらったほうがいいかもしれません。
本を読んでもらって、禁煙の正しい知識を身につけて、
禁煙の気持ちを高めてその後は、 実際に禁煙してもらうことをフォローしていきます。
困ったことがあれば相談にものります。

■他にもお金がかかるのか?
基本的に他にはお金はかかりません。
基本的にというのは、禁断症状がどうしても耐えられなくて
ニコチンパッチやニコチンガムを、使ったほうがいい場合もありますが
あまりこういうのを使うのはお勧めしません。
ですので代金以外にはお金はかかりません。

■医者でもないのに大丈夫か?
私は禁煙外来の医者ではないです。
禁煙外来にいけば、とにかくタバコは悪いやめろと
いわれるんじゃないでしょうか。
そして薬を処方してもらうのではないでしょうか。

私はこの本で禁煙の知識を身につけてもらって、
禁煙する気持ちを高めてもらう。
そして薬剤師として経験してきたことや学んできたことを
存分にいかして、禁煙しようと思っている人に誠意を持って
手助けしていきたいと思っています。


■こちらの状況を聞いてもらえるか心配
私はみなさんに禁煙してもらうに当たって、
本を読んでもらうだけでなくその後のフォローが重要だと思っています。
しかも禁煙するのに状況は一人一人違うものです。
みなさんに詳しい状況を聞いて「こうしたらいい」というのを
考えて助言していきたいと思っています。

二人三脚でがんばっていきたいので遠慮しないで
何でも相談してください。


■どんな人にもできるのか?
老若男女だれでも挑戦できます。
喫煙歴が長いから今更やめてもとあきらめかけている人
タバコはやめた瞬間からよいことは起こります。
1日40本すっていても大丈夫です。
タバコをやめること自体はそんなに難しいことではないのです。

■本にはどういうことが書いてあるのか?
自分の経験・タバコをやめられない理由、
タバコの危険な話・タバコをやめたらこんないいことが・・
と本10冊分くらいの内容かも・・・
読んでみてのお楽しみです。
これだけではなくてメールや電話のフォローをしていきたいと思っています。

■禁煙できるまでフォローしてくれるのか?
もちろんです。
無責任な仕事はしません。一度相談してください。

■ 今から30日以内にお申し込みください!!

今なら、『吉田健康BOOK:薬剤師が書いた「禁煙の処方箋」〜たばこやめちゃいますか??〜』を、定価:29,800円のところ、オープン価格として12,000円(税込)で、販売いたします。

さらに、今ならご希望の方には、通常価格、15,750円の各種サポートを、
まとめて無料プレゼント!!

つまり、今なら

・「禁煙の処方箋」:29,800円
・電話サポート  :15,750円/月
・メールサポート :15,750円/月
・薬剤師アドバイス:15,750円/月
----------------------------------
総額:77,050円のものが、
12,000円(税込)で、ご購入いただけるんです!!

サポートを希望されない方には、
「禁煙に関するレポート」を、無料でプレゼントいたします。

無料サポート1ヶ月無料とは?
ご希望の方には、ご購入日より1ヶ月(30日間)限定で、
通常価格、各15,750円/月のメールと電話の無料サポート、アンド数日おきに携帯にメールでタバコを買ってないかの確認メールを送信するサポートをします。
 (サポートの延長は、1ヶ月15,750円で承ります。
  有料サポートは、いつでもお申し込み可能です。)

禁煙を成功する大きな山は最初の一ヶ月です。これが難関です。 逆に言えば、最初の1ヶ月をクリアすることができれば、禁煙できる可能性がとても高くなります。

タバコから解放されて幸せな生活を送ることができる可能性が非常に高くなります。サポートを希望される方には、なんとしてでも最初の1ヶ月を乗り切れるようにサポートします。


そして私は薬剤師の資格を持っているので、日頃の健康のことや、薬のこと医療のことなど、1ヶ月限定で無料でご相談いただけます。

禁煙に関するレポートとは?
1ヶ月無料サポートを希望されない方には、
「ニコチン依存症管理料算定保険医療機関における禁煙成功率の実態調査報告書(2008.7.9厚労省)」を、無料で差し上げます。[注]これは、厚生労働省で、手に入れる事ができます。

サポートを希望される方には、ドラッグストアで働いていた時の経験などを生かして、
ドラッグストアで薬を売っている薬剤師の本音とか・・・

病院に行って、薬をもらう時に、ちょっと安くする方法なんかも教えることもできます。今、巷ではジェネリック(後発医薬品)と騒がれていますが、ジェネリックにすると全部安くなるというわけではないこととか。
たった一言で薬代を安くする方法など・・・とってもお得です。

でも、制限があります。この特典は30日間限定でしかも15人限定です。
金額も今はこの値段ですが、いつ値上げするかわからない状態です。

■特典の選択について
ご希望でしたら、ご購入後1ヶ月間は、 無料サポートまたは無料レポートを受ける事ができます。 ご購入後、事務局からメールをお送りしますので、 事務局まで、無料サポートまたは無料レポート、 どちらを希望されるか、メールをして下さい。

■サポートを希望される方へ
無料サポートは、商品ご購入日から30日限りです。 ご購入日から30日過ぎてからのサポートをご希望の方は、有料サポートをご利用ください。
なお、期間内での回数についての制限は、特にございません。
期間内に何度でもサポートを受ける事ができます。 ただし、返信が、営業3日以内ですので、 最長、営業3日間+日祝日分、かかることを、予めご了承くださいませ。

※メールサポートについて
24時間いつでも受付しています。
返信は営業3日以内にいたします。
※電話サポートについて
予約制になっています。
事前にメールで予約をとってください。
私から、あなたへ、電話の時間をご連絡します。
(電話サポート可能時間:月ー土 午前9時−午後6時まで。
 日曜・祝日除く)

■吉田健康BOOK:薬剤師が書いた、「禁煙の処方箋」〜たばこやめちゃいますか??〜

【 商品 】
ダウンロード版:A4サイズ 97ページ
【 価格 】
定価:29,800円(税込)のところ、
今なら、特典付きで、オープン特価:12,000円(税込)でご購入いただけます。
【お支払い方法】
 ・クレジットカード(準備中)
 ・銀行振り込み
支払い種類

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
効果には個人差があります。


■吉田健康BOOK:お申し込みはこちらからどうぞ。








■ こんな特典は最初で最後

30日間で15名限定なので、
今すぐ申し込まなくてもいいんじゃないかと思っているあなた!

このサイトは同時に1000人以上の人が見ているので15名という枠はすぐに埋まってしまうことが予想されます。1000名以上というのは適当な1000名ではなくて、あなたのように本気で禁煙したいと考えている人が1000名以上です。30日間という期間を設けていますが、今日中に枠が埋まってしまう可能性も十分に考えられます。

本気でタバコをやめたいと考えておられるならば今すぐ申し込みされることが賢明です。

禁煙する為に一番大事なことは決断をして行動を起こすことです。

しかも特典がついてきて、
この値段で販売できるのはこれが最初で最後かもしれません。


■吉田健康BOOK:薬剤師が書いた、「禁煙の処方箋」〜たばこやめちゃいますか??〜

【 商品 】
ダウンロード版:A4サイズ 97ページ
【 価格 】
定価:29,800円(税込)のところ、
今なら、特典付きで、オープン特価:12,000円(税込)でご購入いただけます。
【お支払い方法】
 ・クレジットカード(準備中)
 ・銀行振り込み
支払い種類

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
効果には個人差があります。


■吉田健康BOOK:お申し込みはこちらからどうぞ。





吉田健康BOOK(R)は、 (有)リバースが、推奨し、販売代行をしています。
フォローは、薬剤師、吉田幸生が、直接します。

 

特定商取引法に基づく表示と個人情報の取り扱いについて
■薬剤師が教える、タバコをやめる方法。私はこれで、簡単にタバコをやめました。